フランク・リクルートメント・グループが「女性にとって最も働きがいのある会社」ランキングで首位に

フランク・リクルートメント・グループは、サンフランシスコに本社を置く企業が実施したグローバル調査の結果、「女性にとってのベストカンパニー2019」の上位にランクインしています。 データバード・ビジネス・ジャーナル.

雇用主が労働力を支援するためにどのような調整が必要かを理解するために設けられたレビューの結果が、今月初めに明らかにされたのです。

20社のリストでは、Frank Recruitment Groupが次点のElevation Labsを抑えて1位となり、シカゴのMatrexが3位にランクインしました。

このリストは、従業員に職場に関する一連の質問をする17ステップのオンライン調査のデータを基に作成されました。
回答者は、差別、育児休暇、給与の公平性などの要素について、雇用主を匿名で評価するよう求められました。
Frank Recruitment Group Director, Client Management EMEA, Danielle Ramsbottomは、次のように述べています。「私たちは、このような評価を受け、大変嬉しく思っています。

「ニッチな技術系人材ビジネスとして、私たちはお客様の男女平等を実現するための支援に取り組んでいます。
「多様な労働力を確保することは、単なる自己満足の域を出ず、あらゆる証拠が利益にプラスの効果をもたらすことを示唆しています。しかし、良い進展が見られる一方で、IT 分野でのキャリアを選択する女性の数は停滞しています。

「私たちは、この状況を変えようと決意しています。私たちは、世界中の組織と協力し、技術分野をより女性に優しい分野にするための取り組みを行っています。

「そのためには、自社に適切な人材がいることが重要であり、今回の受賞はより大きな意味を持ちます。

「今回の受賞は、スタッフの幸せと価値観に関して、私たちの目標が達成されたことを示すポジティブな指標となるでしょう。


DataBird Business Journalによると、この調査の目的は、従業員が遭遇した障害、職場で行われているダイバーシティの介入策、そしてその中で女性にとって最も効果的なものはどれかを明らかにすることでした。

例えば、女性からの評価が低く、非マイノリティグループからの評価が高い場合、その企業のスコアは調整されます。

直近のもの

日本カントリーヘッド就任のお知らせ

この度、2024年2月1日付けで、フランク・リクルートメント・グループ 日本カントリー・ヘッドに、アレキシス マブロスが就任いたしました。
アレキシスは、日本のリクルートメント業界において豊富な経験を持つリーダーであり、アレキシスのリーダーシップの下、apac全域で躍進を続ける当社の日本部門は、さらなる成長と発展を遂げていくことでしょう。

続きを読む "

フランク・リクルートメント・グループのモリス社長が「変革のチャンピオン」に選ばれる

フランク・リクルートメント・グループのゾエ・モリス社長は、最新の「スタッフィング100ヨーロッパ」リストで人材派遣の先駆者に選ばれた。

続きを読む "

履歴書に写真を貼るべきか? 

移り変わりの激しい社会では、求人応募にまつわる標準的な慣行も変化と進化を続けている。企業に入って履歴書のコピーを配るという考え方は、多かれ少なかれ完全に廃れた。

続きを読む "

ブログから続きを読む

企業ニュース

日本カントリーヘッド就任のお知らせ

この度、2024年2月1日付けで、フランク・リクルートメント・グループ 日本カントリー・ヘッドに、アレキシス マブロスが就任いたしました。
アレキシスは、日本のリクルートメント業界において豊富な経験を持つリーダーであり、アレキシスのリーダーシップの下、apac全域で躍進を続ける当社の日本部門は、さらなる成長と発展を遂げていくことでしょう。

続きを読む "
受賞歴

フランク・リクルートメント・グループのモリス社長が「変革のチャンピオン」に選ばれる

フランク・リクルートメント・グループのゾエ・モリス社長は、最新の「スタッフィング100ヨーロッパ」リストで人材派遣の先駆者に選ばれた。

続きを読む "
リクルートブログ

履歴書に写真を貼るべきか? 

移り変わりの激しい社会では、求人応募にまつわる標準的な慣行も変化と進化を続けている。企業に入って履歴書のコピーを配るという考え方は、多かれ少なかれ完全に廃れた。

続きを読む "
jaJapanese
Powered by TranslatePress »