履歴書に写真を貼るべきか? 

移り変わりの激しい社会では、求人応募に関する標準的な慣習も変化し、進化し続けています。企業に入って履歴書のコピーを配るという考え方は、多かれ少なかれ完全に廃れましたが、ある種の質問には根強い人気があります。

<!

カバーレターを書くべきかどうかという質問や、応募書類に載せるのに写真とヘッドショットのどちらが適切かという議論のように、文脈によって移り変わるものですが、コンセンサスが得られることはほとんどありません。インクルーシブ採用へのより意図的なアプローチが目立つ時代において、履歴書の写真は依然としてホットな話題です。

<!

ありがたいことに、外見でプロフェッショナルを採用する人はいませんが、無意識のうちに、さまざまな要因に基づいて、面接に招くかどうかの判断に影響を与えることがある時代です。リクルートとテクノロジーの専門家のネットワークを活用し、フランク・リクルートメント・グループ(Tenth Revolution Group傘下)は、2023年におけるこの古くからある求人応募の難問に対する態度を評価するために、新しいデータを収集しました。

アンケート結果

</td </tr </td </tr </tbody </表 <! <!

回答者の大多数が、このようなやり方は時代遅れだと断言していることから、企業はこのようなことが起こらないように努力すべきであり、少なくとも、採用の意思決定者の机の上に置かれる前に、回答を匿名化する方針を打ち出すべきであることは明らかです

。 <!

この新しい調査データに対して、フランク・リクルートメント・グループ会長兼CEOのジェイムズ・ロイド=タウンゼント氏は次のようにコメントしています:「しかし、この結果は、より公平な雇用慣行について我々が目にしている会話の文脈の中で、間違いなく理にかなっています。

偏った採用決定は常に意識されているわけではありませんが、人々が自分の経歴を反映した候補者を採用するというのは共通のテーマです。それが性別であれ、民族性であれ、あるいは階級であれ、完全に無意識のうちに行われていることが多いのです。だからこそ、より包括的な採用活動を行うために、多くの企業が匿名化された採用活動にシフトしているのです

。 <!

「回答者から寄せられたコメントの中には、まさにこのことを強調するものもありました。写真を掲載することで、候補者が、好意的か否かにかかわらず、外見で判断される可能性があるということです。とはいえ、ある回答者は、リクルーターはほぼ間違いなくあなたのLinkedInページをチェックしており、ここにヘッドショットがないと、あなたのプロフィールがプロフェッショナルでないように感じられたり、少々スパムっぽく感じられたりする可能性がある、という素晴らしい指摘をしています」。

<!

しかし、ロイド・タウンシェンド氏が付け加えたように、履歴書には候補者を特定できる多くの詳細が残っているため、採用慣行を改善するための変更は、単なるボックスチェックにならないよう、きちんと考え、積極的に行動することが重要です。 <!

「写真を含めると、採用プロセスに不当な影響を及ぼす可能性がありますが、写真を含めないからといって、より公平で包括的なプロセスが自動的に行われるわけではないのも事実です。例えば、候補者の名前や性別を知ることで、無意識のバイアスが働くこともあります。公正な雇用慣行は間違いなく重要で広範な話であり、まだまだやるべきことがある。”

<!

方法論

<!

調査はメイソン・フランク・インターナショナルのLinkedInページで2023年6月に実施された。メイソン・フランク・インターナショナルは10th Revolution Groupの会社である。この投票は、メイソン・フランク・インターナショナルのリクルートと技術専門家のネットワークを対象に行われ、回答者数は743人に上った。

直近のもの

日本カントリーヘッド就任のお知らせ

この度、2024年2月1日付けで、フランク・リクルートメント・グループ 日本カントリー・ヘッドに、アレキシス マブロスが就任いたしました。
アレキシスは、日本のリクルートメント業界において豊富な経験を持つリーダーであり、アレキシスのリーダーシップの下、apac全域で躍進を続ける当社の日本部門は、さらなる成長と発展を遂げていくことでしょう。

続きを読む "

フランク・リクルートメント・グループのモリス社長が「変革のチャンピオン」に選ばれる

フランク・リクルートメント・グループのゾエ・モリス社長は、最新の「スタッフィング100ヨーロッパ」リストで人材派遣の先駆者に選ばれた。

続きを読む "

履歴書に写真を貼るべきか? 

移り変わりの激しい社会では、求人応募にまつわる標準的な慣行も変化と進化を続けている。企業に入って履歴書のコピーを配るという考え方は、多かれ少なかれ完全に廃れた。

続きを読む "

ブログから続きを読む

企業ニュース

日本カントリーヘッド就任のお知らせ

この度、2024年2月1日付けで、フランク・リクルートメント・グループ 日本カントリー・ヘッドに、アレキシス マブロスが就任いたしました。
アレキシスは、日本のリクルートメント業界において豊富な経験を持つリーダーであり、アレキシスのリーダーシップの下、apac全域で躍進を続ける当社の日本部門は、さらなる成長と発展を遂げていくことでしょう。

続きを読む "
受賞歴

フランク・リクルートメント・グループのモリス社長が「変革のチャンピオン」に選ばれる

フランク・リクルートメント・グループのゾエ・モリス社長は、最新の「スタッフィング100ヨーロッパ」リストで人材派遣の先駆者に選ばれた。

続きを読む "
リクルートブログ

履歴書に写真を貼るべきか? 

移り変わりの激しい社会では、求人応募にまつわる標準的な慣行も変化と進化を続けている。企業に入って履歴書のコピーを配るという考え方は、多かれ少なかれ完全に廃れた。

続きを読む "
履歴書に写真を載せるべきですか?
履歴書に写真を載せるべきですか?
はい</td はい</td 19%
いいえ</td いいえ</td 81%