Tech's Leading Women」第4話から得られる3つのポイント

今週のTech's Leading Womenのエピソードでは、CEOの役割がテーマとなりました。このビデオキャストは、Tenth Revolution Groupで入札と顧客管理のグローバルヘッドを務めるRosie Ifouldが今週ホストを務め、タイトルから推測されるように、技術界の一流女性たちから様々な経験やアドバイスを得ることができます。

今週は、Belle Flour Technologiesの社長兼共同設立者であるティア・ドゥビュイソンに登場してもらいました。彼女は、10年以上にわたって顧客中心のプロジェクトをリードしてきた経験を持ち、次世代に技術力を身につけさせることに非常に情熱を持っています。また、技術系女性のパイオニアであり、パートナーシップの変革や変化の促進を得意とするKatarina MV Galic氏と、クラウドソフトウェアソリューション企業Bam Bam CloudのCEO、Vicky Critchley氏も参加しました。

このエピソードでは、お二人がそれぞれの組織のリーダーとして経験したこと、実施できた変革、そしてパンデミックによって会社がどのように変化したかが語られました。

ここでは、今週の放送で語られた3つのポイントについて解説します。

求める変革を実現するために

ヴィッキーはまず、CEOに就任してからの変化について話した。特に、会社や社員に対して、より大きな責任を感じられるようになったということだ。特に、会社や社員に対して、より大きな責任を感じるようになったという。「ビジネスに対する思いも、一緒に働く人たちに対する思いも、まったく変わりました。それまで女性のCEOはいなかったし、特に多様な組織で働いたこともなかった。そこで、CEOとは何か、CEOとは何を意味するのか、じっくり考えてみたのです。素晴らしいブランドを持つこと、販売すること、たくさんの顧客を持つこと、利益を上げることなど、ビジネスを運営する上で本当に重要なことを普通にこなすだけでなく、そのようなことができるのではないかと考えたのです。もっと包括的な環境を作り、失敗してもいい、ハードルを上げてもいい、みんなが気持ちよく働ける環境を作ることで、私が提供できるものにもっと違う要素があるんじゃないかと思ったんです。私が過去に経験したこととは異なるものであり、私のもとで働く人々にとって異なる印象を与える環境を作ることが、本当に重要でした。

ティアは、女性CEOが男性CEOから受けるプレッシャーが、変化を起こす上でいかに制約になりうるか、そしてそれをどのように乗り越えたかについて語りました。「私は、自分たちの会社をつくると決めたとき、これまでとは違うやり方があることに気づき、従業員としての経験をもとに、その違いを意識しました。私が勤めていたあるCEOは、非常に共感しやすい性格で、同じようなことを言うこともありました。しかし、彼女は取締役会からある種のプレッシャーを受けていたように思います。そのほかにも、彼女が乗り越えられなかったかもしれない課題がありますが、私は会社を設立したときに、とても意識的に取り組みました。私たちは、自分たちを際立たせるような方法で会社を定義することを確認しました。組織内の全員に目を配り、全員がケアを受けられるようにし、トップからのサポートを感じられるようにしたのです。彼女は、たとえ心の底ではそうありたいと思っていても、実際には共感的なリーダーにはなれないというプレッシャーがあったのかもしれませんね。社員が社内の顧客であることを確認することが、私たちが考える方法です。そして、彼らのデスクからリードし、彼らのペインポイントや経験を見て、それが私たちの経験の一部であることを確認するのです" 。

職場でその家族をつくる

カタリナは、実用的な変化や自社で実践した例として、リーダーシップによる透明性がビジネス全体を助けるという例を挙げました。私は、ある組織に所属していました。「私が所属していた組織では、上級管理職が1年分の予算を作成します。そして、最終決定ではないものの、組織に提示できる数字に近づいたところで、社内の全員とミーティングを行い、予算書を見せ、それぞれの部署を回って、フィードバックを求めるのです。つまり、社内で何をやっているかに関係なく、予算を見て、リーダーにフィードバックし、自分の仕事や考え方に基づいて、何か変える必要があるかどうか、考えを伝えることができるのです。 

「受付のアシスタントから始まり、シニアディレクターに至るまで。その結果、組織文化に大きな影響を与え、「私には予算に関する責任があるのだろうか?なぜ、私がフィードバックをする必要があるのですか?という疑問を持つ人もいれば、「そうか、これからは私にも発言権があるんだ」と気づく人もいました。私の仕事ぶりを見ている人たちがいて、私の意見を聞きたいと言っているのだ」と気づいた人もいました。そうして、その時は喜んでいた人たちがいました。そして、次の年になると、「また予算を見直すのか?ここで働いているのなら、自分が仕事をしているのだから発言権がある、その気持ちはわかる』と」。

また、従業員が自分の仕事が重要であることを認識し、エンゲージメントを高めるには、仕事に対するこのような協力的なアプローチが有効であるとも述べています。「企業が従業員の仕事ぶりを評価し、従業員の仕事上の課題を理解し、従業員と密接に協力してそれを見つけようとすることは、従業員にとって大きな大きな支えとなりました。さらに良い仕事をし、職場で幸せになるために必要なことを教えてください。"

在宅勤務のゲームチェンジャー

また、ヴィッキーは、この2年間に実施したリモートワークの実験について、仕事上の交流だけでなく、社外の人との交流も含めて大成功を収めたと語りました。彼女はこう語っています。「ペットや子どもたち、すべての人の生活が見えるようになりました。ペット、子供、すべての人の生活が見えるようになりました。あなたがTeamsコールをしている間に、キッチンのテーブルで家庭学習をしている子どもたちがいて、全体がとてもぼやけてしまったんです。木に登ったり、職場で何かになりすましたりしていた面影は、すっかり消えてしまいました。個人的には、これが私のビジネスなんだ、私は私でいいし、他のみんなは彼らでいいんだ、そしてお互いにありのままの姿を見ることができるんだ、と思いました。みんなそれぞれに才能があるのだから、もう誰も自分の顔を立てる必要はない。企業という枠を取り払うのに、とても役に立ちました。

また、このことが顧客との接し方にも影響を与えていることを語った。「私たちは、企業の戯言はもう聞きたくありませんし、お客様もそれを望んでいません。「お客様とは、キッチンのテーブルで、何を食べるかについて会話しているのです。でも、それが本当の人間であり、本当の会話なのです。なぜ、それを企業の無意味なものに戻すのでしょうか?何が問題なのか、何が楽しいのかが伝わると思うからです」。 

全編オンライン公開中です。見ることができます これ.

直近のもの

日本カントリーヘッド就任のお知らせ

この度、2024年2月1日付けで、フランク・リクルートメント・グループ 日本カントリー・ヘッドに、アレキシス マブロスが就任いたしました。
アレキシスは、日本のリクルートメント業界において豊富な経験を持つリーダーであり、アレキシスのリーダーシップの下、apac全域で躍進を続ける当社の日本部門は、さらなる成長と発展を遂げていくことでしょう。

続きを読む "

フランク・リクルートメント・グループのモリス社長が「変革のチャンピオン」に選ばれる

フランク・リクルートメント・グループのゾエ・モリス社長は、最新の「スタッフィング100ヨーロッパ」リストで人材派遣の先駆者に選ばれた。

続きを読む "

履歴書に写真を貼るべきか? 

移り変わりの激しい社会では、求人応募にまつわる標準的な慣行も変化と進化を続けている。企業に入って履歴書のコピーを配るという考え方は、多かれ少なかれ完全に廃れた。

続きを読む "

ブログから続きを読む

企業ニュース

日本カントリーヘッド就任のお知らせ

この度、2024年2月1日付けで、フランク・リクルートメント・グループ 日本カントリー・ヘッドに、アレキシス マブロスが就任いたしました。
アレキシスは、日本のリクルートメント業界において豊富な経験を持つリーダーであり、アレキシスのリーダーシップの下、apac全域で躍進を続ける当社の日本部門は、さらなる成長と発展を遂げていくことでしょう。

続きを読む "
受賞歴

フランク・リクルートメント・グループのモリス社長が「変革のチャンピオン」に選ばれる

フランク・リクルートメント・グループのゾエ・モリス社長は、最新の「スタッフィング100ヨーロッパ」リストで人材派遣の先駆者に選ばれた。

続きを読む "
リクルートブログ

履歴書に写真を貼るべきか? 

移り変わりの激しい社会では、求人応募にまつわる標準的な慣行も変化と進化を続けている。企業に入って履歴書のコピーを配るという考え方は、多かれ少なかれ完全に廃れた。

続きを読む "
jaJapanese
Powered by TranslatePress »