Tech's Leading Womenのエピソード2はこちら

本日、Vodcast「Tech's Leading Women」のエピソード2が配信開始となりました。6つのパートからなるこのシリーズでは、テック業界のさまざまな第一人者が、キャリアの中で遭遇した問題について語り、組織がそれを克服するための実践的なアドバイスを提供しています。

今週のエピソードは、レヴォレントのプレジデントであるナビラ・サレムが、セールスフォースのトレイルヘッド&エコシステムズ担当バイスプレジデントであるスチュアート・ミルズ、PWCの先住民コンサルティングからオリー・ウィニャード・ゴンド、バンガードのバーバラ・ゴッターディ(CIOと20年以上の経験を持つ非常勤取締役)と対談したものだ。

その中で、「私たちは適切な人材を探すことができているのだろうか?ここでは、お二人の議論から得られた3つの重要なポイントをご紹介します。

技術にまつわる神話

今週のエピソードは、特に多様性に関して、現在の業界に存在するいくつかの誤解を乗り越えることから始まりました。スチュアートは、技術系の人々の外見について、興味深い指摘から始めました。まず、「みんな私に似ている」という神話を打ち破る必要があります。つまり、白人の男性だけというのは神話なのです。テクノロジーには信じられないほどの多様性があり、それは改善され、増加する必要があります、絶対に。しかし、典型的な技術者がどのような姿をしているかは神話であり、それは、どんな経歴の持ち主であっても同じです。私が仕事で発見したのは、人はどんなバックグラウンドを持っていてもいいということです。コンピュータサイエンスの学位と同じくらい、哲学の学位も本当に重要です」。

オリーもこれに同意し、こう付け加えました。「また、残念ながら、ダイバーシティやインクルージョンの本当の意味や、それがどのように職場で実現されるのかについても、多くの誤解があります。私の経験では、このような誤解は本当に根深い誤解から生じています。しかし、彼らの無知は、この業界に入ろうとする人たちに大きなダメージを与えかねないのです。

バーバラは、技術分野で働く人たちだけでなく、その役割も変わってきていると言います。女の子は、STEMキャリアという考え方が好きだと思いますが、一日中コンピュータの前にいてコードを書きたいとは思わないでしょう。でも、コンピューターの前にいて、一日中コーディングしていたいとは思わないでしょう。もはや、部屋の中でコードを書いているだけの人ではなく、もっと大きな存在になっています。多くの組織で行われている変革プロジェクトを考えてみると、成功の鍵は、ビジネスとテクノロジーが1つのチームとなり、顧客にサービスを提供する機能横断的なチームを持っていることです。そのために必要なスキルは進化し、大きく変わってきています。そして、最新のクールなテクノロジーに集中するための単なるコーダーではないことが利点になると思います。

有言実行

そして、バーバラさんは、多様性のバランスをとるために、本物であることの大切さについて話を進めました。「バーバラは、「私は、メッセージに意味がなければならないと思います。多様性を高めたい」と言うのは簡単ですが、その価値観に従わなければ、すぐに見破られてしまうでしょう。しかし、その価値観を実践できていなければ、すぐにバレてしまいます。 なぜ をするはずです。そして、それは決してうまくいきません。私の経験上、一人でできることではないと思うのです。それが正しいことだと強く理解し、信じている人なら、一人でも推進できることだと思います。しかし、そのためには、組織内の一人ひとりを励まし、力を与える必要があるのです。

オリーは、オーストラリアで肌の白いアボリジニの従業員として、先住民のための職務に応募した際に目撃した偏見の例をすぐに話してくれました。「面接者が "もっと黒人らしく "ないことに失望している人を見たことがあります。 めす アボリジニがいるような?それは、なぜそのようなことをするのかという、非常に視野の狭い考え方です」。基本的に、レベルアップに向けた取り組みは、単なる政策ではなく、多様性がもたらす利点に基づいた、組織内の真の文化的変革でなければなりません。

人材発掘

最後に、技術者が切実に必要としている人材を、多様なグループから積極的に見つけ出す方法について話が及びました。ナビラは、「エレベーターを下降させる」という上級管理職の方針について話した後、技術者コミュニティで変化を促すために参加する他のさまざまな方法について話を進めました。

スチュアートは、セールスフォースのグループがさまざまなコミュニティに働きかける方法について、また、最終的にはそれらすべてが協力することの重要性について語った。スチュアートは次のように語っています。「私たちは、従業員リソースグループについて、特にさまざまなマイノリティグループの文脈で多くを語り、人々のネットワークを通して本当に考えようとしています。例えば、イギリスや世界の黒人やアジア人のマイノリティー。このように、さまざまなコミュニティが存在する中で、どのように隣接関係を構築していくのか。そして、異なるコミュニティから人々を集めるプログラムをどのように作ればいいのか、ということを考えるのがネットワークだと思います。

最後にオリーは、最終的には、どのような方法であれ、変化を促す責任は私たち全員にあるという、おそらく完璧な指摘をしました。「今、私たちは、水面下に存在するテクノロジーの層全体を持っています。このウェブサイトを見て、このポッドキャストを聞いて、この技術を理解してくださいと言いたいところですが、最終的には、知名度やアクセス性が高くないコミュニティや場所に手を差し伸べる責任が私たちに戻ってくると思います」。

Tech's Leading Womenの第2話を聞くことができます。 これ.

直近のもの

日本カントリーヘッド就任のお知らせ

この度、2024年2月1日付けで、フランク・リクルートメント・グループ 日本カントリー・ヘッドに、アレキシス マブロスが就任いたしました。
アレキシスは、日本のリクルートメント業界において豊富な経験を持つリーダーであり、アレキシスのリーダーシップの下、apac全域で躍進を続ける当社の日本部門は、さらなる成長と発展を遂げていくことでしょう。

続きを読む "

フランク・リクルートメント・グループのモリス社長が「変革のチャンピオン」に選ばれる

フランク・リクルートメント・グループのゾエ・モリス社長は、最新の「スタッフィング100ヨーロッパ」リストで人材派遣の先駆者に選ばれた。

続きを読む "

履歴書に写真を貼るべきか? 

移り変わりの激しい社会では、求人応募にまつわる標準的な慣行も変化と進化を続けている。企業に入って履歴書のコピーを配るという考え方は、多かれ少なかれ完全に廃れた。

続きを読む "

ブログから続きを読む

企業ニュース

日本カントリーヘッド就任のお知らせ

この度、2024年2月1日付けで、フランク・リクルートメント・グループ 日本カントリー・ヘッドに、アレキシス マブロスが就任いたしました。
アレキシスは、日本のリクルートメント業界において豊富な経験を持つリーダーであり、アレキシスのリーダーシップの下、apac全域で躍進を続ける当社の日本部門は、さらなる成長と発展を遂げていくことでしょう。

続きを読む "
受賞歴

フランク・リクルートメント・グループのモリス社長が「変革のチャンピオン」に選ばれる

フランク・リクルートメント・グループのゾエ・モリス社長は、最新の「スタッフィング100ヨーロッパ」リストで人材派遣の先駆者に選ばれた。

続きを読む "
リクルートブログ

履歴書に写真を貼るべきか? 

移り変わりの激しい社会では、求人応募にまつわる標準的な慣行も変化と進化を続けている。企業に入って履歴書のコピーを配るという考え方は、多かれ少なかれ完全に廃れた。

続きを読む "
jaJapanese
Powered by TranslatePress »