私のキャリア-アンジェリーナ・マルティネス│Frank Recruitment Group

アカウントエグゼクティブとはどのようなものか、考えたことはありますか?

アカウントエグゼクティブとはどのような職業なのか、気になったことはありませんか?

今週のゲストは、Angelina Martinez です。NetSuiteにフォーカスしたブランド、Anderson Frankの主席アカウントエグゼクティブで、2019年末から弊社のスコッツデールオフィスで働いています。

アンジェリーナ・マルティネスさんです。

人材紹介のキャリアで成功するために必要なものは何でしょうか?

アンジェリーナは、人と話すことができることが、この仕事にもたらした最高のスキルの一つであると考えています。「また、コールドコールをすることもあるため、「電話応対に慣れていることも重要です。「知らない人に電話するのは緊張するものですが、それを乗り越えればいいのです。その点では自信があります」。リクルート業界での経験がない彼女が、この自信に満ちた態度で臨んだことが、社内での昇進に大きく貢献しました。

「自分も一生懸命働いて、決意を固める必要がある。

フランク・リクルートメント・グループは、あなたの役割をどのようにサポートできるのでしょうか?

強力なリーダーシップは、成功するチームにとって不可欠であり、アンジェリーナもこれに同意し、私たちと働く中で直接体験しました。「このことは、アンジェリーナも同意見で、私たちと仕事をする中で、実際に体験しています。アダム・ヴァンダリーニは素晴らしいリーダーで、私の尊敬する人です。また、ヴァンダリーニのリーダーシップに刺激を受け、彼の励ましが将来副社長になるための支えになったと述べています。

アンジェリーナは、2020年後半、社員がオフィスに戻り始めた頃に2人で話したことを特に思い出して、「私はイライラして、どこにもたどり着けないような気がしていたんだ」と語りました。それは私にとって決定的などん底でしたが、彼は素晴らしい叱咤激励をしてくれて、私が成功するための構造を構築し、自分の役割に対してよりオープンマインドになるのを助けてくれました。そこから私は飛躍的に成長しました。

彼女は、企業文化がどのように彼女の社会人生活を支えてきたか、特にチームの同僚から受けるサポートについて、続けて述べました。「私たちは常にお互いを助け合い、支え合っているのです」と述べています。

そのモチベーションと励ましが、彼女の成長と貴重な職業経験を支えたと信じてやまないのです。

</p

人材紹介は何を提供できるのか?

あらゆるビジネスは、築き上げた人脈の上に成り立っており、アンジェリーナにとって、それこそが仕事のやりがいです。生まれつきの親しみやすさと会話好きな性格もあり、エネルギーあふれる人材紹介の仕事、そして日常的に人と接する機会があることに喜びを感じています。「クライアントと信頼関係を築くことは、会社にも影響を与えるので、一番好きなことです」と彼女は言う。そのため、このような「痒いところに手が届く」ようなサービスを提供しています。

典型的な仕事の一日はどのようなものでしょうか?

多くの人と同じように、アンジェリーナも日々のルーティンを構成することに重点を置いています。「私はオフィスに来て、メールをチェックし、リードを追いかけ、現在のクライアントに連絡を取り、すべてが順調に進んでいることを確認します。そして、心配事がないことを確認したら、仕事のチャンスにつながるかもしれないクライアントを追いかけるなど、リストにある重要なことに目を向けるのです。

「昼休み後の残りの時間は、ビジネス開発に専念しています。ある意味、コールドコールのようなものです。その日にやりたかったことをすべてクリアできたときは、本当にうれしいですね。

彼女は、チームのほとんどが同じ構造に従っていると述べています。「特に午後は、みんなが同じようなことをしていると、声が大きくなってしまうので、同じページにいる方が助かるんです。とはいえ、オフィスが活気づくと、人と話す気分も盛り上がりますね。”

もちろん、採用にはある程度の予測不可能性があり、必ずしも毎日同じ構成に固執できるわけではありませんが、これはアンジェリーナ自身が語ったことで、時間管理や適応性といったスキルの重要性を示しています。

</p

職場の安全やサポートを感じることは、どんな従業員にとっても重要なことです。「私のために働いてくれている人たちがいると思うと、モチベーションが上がります。毎日、オフィスに来るのが楽しみです。みんなとてもいい人ばかりで、楽しい雰囲気が伝わってくるので、会社に来るのが怖くなったことは一度もありません。みんなとおしゃべりをしたり、音楽をかけたり、とても楽しい環境です。時にはレイブのような雰囲気もありますが、オフィスなので仕事もはかどります。

私たちがアンジェリーナへのインタビューから得たものは、彼女の仕事に対する献身と、それが彼女にとっていかにやりがいのあるものかということでした。「このような仕事をすることで、私は一日を楽しく過ごすことができます。そのためにここにいるようなものですから。このような状況下において、携帯電話機は、その性能を十分に発揮することができます。

もちろん、どんな仕事にも欠点はあるもので、アンジェリーナにとっては、計画通りにいかないときがそうなんです。「特に、予定されているものがないときは、がっかりすることもあります。やるべきことをすべてやっているのに、成功が見いだせないときは、当然イライラするものです。でも、そういうことは、誰にでもあることです。

「最高の日を振り返り、悪い瞬間は一時ではなく、良いことは必ず戻ってくると覚えておけば良いのです」

何がFrank Recruitment Groupを良い雇用主にしているのでしょうか?

ポジティブな従業員体験を確保することは、どの雇用主にとっても優先されるべきことです。

アンジェリーナにとって、自分が受ける評価は、自分の役割に満足していることに大きく貢献しています。「私は夢のキャリアとして採用を考えて大学を出たわけではありませんが、得られる報酬によってやりがいを感じることができます。もちろん、この仕事は好きですが、働くこと、特にコールドコールが好きな人はいません。[特にコールドコールは。リクルートは熾烈ではありませんが、皆、競争心があります。また、このような「痒いところに手が届く」ような仕事も、「痒いところに手が届く」ような仕事と言えます。

「自分のやりたいように成功することで、満足感を得ることができる。

アンジェリーナは、同僚や、彼らが職場環境にもたらす高いエネルギーと楽しさも高く評価しています。

リクルートで働こうとする人が知っておくべきこととは?

アンジェリーナさんのようになりたい人にとって、忍耐力を身につけることは重要な特性です。「私はちょうどパンデミックの前に入社したので、在宅勤務にシフトしなければなりませんでした。その時は誰も採用したがらず、募集も採用も大量に凍結され、私は焦ってしまいました。”アンジェリーナは、その焦りから自分の立場を二の次にしてしまい、キャリアのどん底まで落ちてしまったと認めています。

「先ほどお話したように、パットと話をしてから、私はやる気と自信を取り戻し始めました。そのため、このようなことが起こるのです。その結果、今までで一番やりがいのある仕事をすることができました。人は必ず戻ってくる。時間がかかるだけだ。私は、チームに参加するすべての人にこのことを伝えていますが、私たちと一緒にいる人は、その美徳を持っている人たちです。また、このような「痒いところに手が届く」ような仕事であることも、人材紹介で成功したい人にとって重要な要素です。

Angelina は、特にアドバイスに対してオープンマインドであることもアドバイスしています。また、「特に上司からのフィードバックを受け入れることが、自分の成長につながります。私はいつも同僚にアドバイスを求めますが、それはとても助けになります。特に上司からのフィードバックを受け入れることは、成長の助けになるのよ」

「成長し、自分が望む場所に到達するためには、強い意志が必要です。

Angelina の経験は、Frank Recruitment グループのアカウントエグゼクティブになるということの最高のイメージと正しい思考で、遠くへと行けるということに貢献しているのです。

アンジェリーナの経験は、フランク・リクルート・グループのアカウントエグゼクティブになるための最良の方法です。

アンジェリーナさんのお話に触発された?

未来への第一歩を、私たちと一緒に踏み出しましょう

直近のもの

日本カントリーヘッド就任のお知らせ

この度、2024年2月1日付けで、フランク・リクルートメント・グループ 日本カントリー・ヘッドに、アレキシス マブロスが就任いたしました。
アレキシスは、日本のリクルートメント業界において豊富な経験を持つリーダーであり、アレキシスのリーダーシップの下、apac全域で躍進を続ける当社の日本部門は、さらなる成長と発展を遂げていくことでしょう。

続きを読む "

フランク・リクルートメント・グループのモリス社長が「変革のチャンピオン」に選ばれる

フランク・リクルートメント・グループのゾエ・モリス社長は、最新の「スタッフィング100ヨーロッパ」リストで人材派遣の先駆者に選ばれた。

続きを読む "

履歴書に写真を貼るべきか? 

移り変わりの激しい社会では、求人応募にまつわる標準的な慣行も変化と進化を続けている。企業に入って履歴書のコピーを配るという考え方は、多かれ少なかれ完全に廃れた。

続きを読む "

ブログから続きを読む

企業ニュース

日本カントリーヘッド就任のお知らせ

この度、2024年2月1日付けで、フランク・リクルートメント・グループ 日本カントリー・ヘッドに、アレキシス マブロスが就任いたしました。
アレキシスは、日本のリクルートメント業界において豊富な経験を持つリーダーであり、アレキシスのリーダーシップの下、apac全域で躍進を続ける当社の日本部門は、さらなる成長と発展を遂げていくことでしょう。

続きを読む "
受賞歴

フランク・リクルートメント・グループのモリス社長が「変革のチャンピオン」に選ばれる

フランク・リクルートメント・グループのゾエ・モリス社長は、最新の「スタッフィング100ヨーロッパ」リストで人材派遣の先駆者に選ばれた。

続きを読む "
リクルートブログ

履歴書に写真を貼るべきか? 

移り変わりの激しい社会では、求人応募にまつわる標準的な慣行も変化と進化を続けている。企業に入って履歴書のコピーを配るという考え方は、多かれ少なかれ完全に廃れた。

続きを読む "