LinkedInが選ぶ「最もソーシャルな活動を行う人材派遣会社」トップ10

Frank Recruitment Group(FRG)は、LinkedInの「2017 Most Socially Engaged Staffing Agencies」において、6万社中トップ10にランクインしました。2年連続のランクインとなり、トップ10に掲載されるのは初めてです。

このエンゲージメントリストでは、LinkedInは、LinkedInプラットフォーム上の検索および人材派遣会社の企業および従業員のリーチとエンゲージメント、リクルーターの効果、コンテンツマーケティングの力を考慮に入れています。彼らはこれを、LinkedInに掲載されている6万社以上のサーチおよびスタッフィング企業の数千のデータポイントを調査することで行っています。2017年のランキングのデータは、2016年9月1日から2017年8月31日まで収集されました。

人材派遣会社が表示されるカテゴリは、本社の所在地と、その会社のLinkedInページに関連付けられた従業員数によって決定されます。1つの企業に複数のブランドがある場合、サブブランドは親ブランドにロールアップされ、使用される従業員数はすべてのページからの合計額を反映したものとなっています。

フランク・リクルートメント・グループの最高マーケティング責任者であるカシフ・ナクシュバンディ氏は、次のように述べています。"LinkedInが発表した「2017年に最も社会貢献度の高い人材派遣会社」のグローバルランキングでトップ10入りできたことを嬉しく思います。ソーシャルメディアは、当社が社員、クライアント、候補者と積極的に関わる重要なチャネルであり、当社のコンテンツやソーシャルメディアへの取り組みが評価されたことは素晴らしいことです。"

このデジタル技術の成功は、FRGの勢いが増したことを意味します。今年初め、私たちは、国際的な売上高が最も急速に成長している英国の民間企業のThe Sunday Times International Track 200に認定されました。2017年には、The Global Recruiter AwardsからBest UK Overseas Operationも受賞しています。

私たちは、献身的なスタッフの努力に感謝したいと思います。この評価は、あらゆるレベルの皆さんのものです

受賞歴のある当社のファミリーの一員になりませんか? ここをクリック をクリックすると、世界中の求人情報をご覧いただけます。

LinkedInとFrank Recruitment Groupのロゴが入ったカップケーキ
LinkedInから美味しいお祝いのカップケーキが届きました!ありがとうございます。
w

直近のもの

日本カントリーヘッド就任のお知らせ

この度、2024年2月1日付けで、フランク・リクルートメント・グループ 日本カントリー・ヘッドに、アレキシス マブロスが就任いたしました。
アレキシスは、日本のリクルートメント業界において豊富な経験を持つリーダーであり、アレキシスのリーダーシップの下、apac全域で躍進を続ける当社の日本部門は、さらなる成長と発展を遂げていくことでしょう。

続きを読む "

フランク・リクルートメント・グループのモリス社長が「変革のチャンピオン」に選ばれる

フランク・リクルートメント・グループのゾエ・モリス社長は、最新の「スタッフィング100ヨーロッパ」リストで人材派遣の先駆者に選ばれた。

続きを読む "

履歴書に写真を貼るべきか? 

移り変わりの激しい社会では、求人応募にまつわる標準的な慣行も変化と進化を続けている。企業に入って履歴書のコピーを配るという考え方は、多かれ少なかれ完全に廃れた。

続きを読む "

ブログから続きを読む

企業ニュース

日本カントリーヘッド就任のお知らせ

この度、2024年2月1日付けで、フランク・リクルートメント・グループ 日本カントリー・ヘッドに、アレキシス マブロスが就任いたしました。
アレキシスは、日本のリクルートメント業界において豊富な経験を持つリーダーであり、アレキシスのリーダーシップの下、apac全域で躍進を続ける当社の日本部門は、さらなる成長と発展を遂げていくことでしょう。

続きを読む "
受賞歴

フランク・リクルートメント・グループのモリス社長が「変革のチャンピオン」に選ばれる

フランク・リクルートメント・グループのゾエ・モリス社長は、最新の「スタッフィング100ヨーロッパ」リストで人材派遣の先駆者に選ばれた。

続きを読む "
リクルートブログ

履歴書に写真を貼るべきか? 

移り変わりの激しい社会では、求人応募にまつわる標準的な慣行も変化と進化を続けている。企業に入って履歴書のコピーを配るという考え方は、多かれ少なかれ完全に廃れた。

続きを読む "
jaJapanese
Powered by TranslatePress »