フランク・リクルート・グループとセント・マーチンズ・スクールの1年 2019年

2019年、フランクリクルートグループは、今年のグローバルチャリティとして、ケニアのナイロビにあるセントマーチンスクールとペアを組みました。キバガレスラムにあるこの学校は、ナイロビで2番目に大きなスラムで、2万人以上の人が住んでいます。生活は殺伐としており、きれいな水もほとんどなく、衛生状態もよくありません。貧困、薬物乱用、病気は日常茶飯事です。HIVはこのスラム街で最大の殺人者です。フランク・リクルートメント・グループは、セント・マーチン・スクールのことを知ったとき、子どもたちの教育を支援し、成功するために必要な道具や物資を提供するという彼らのミッションに即座に惹かれました。

2019年の始まりに、私たちは$37.5kの資金調達目標を設定しました。驚いたことに、私たちは企業としてこの目標を打ち砕き、セント・マーティンズ・スクールのために$50k強の寄付を集めました。社員からの寄付は、小中学校の高速インターネット接続、ハードウェア、ソフトウェア、机、椅子、レッスンプランナー、2つのテックハブのホワイトボード(3つ目も準備中)、小学生全員への英語と数学の教科書の支給に充てられました。

私たちは、ビジネスとして企業の社会的責任をサポートすることを強く信じており、すべての従業員に参加する機会を与えたいと考えています社員は年に一度、セントマーチンズを訪れる機会があり、その一週間は小中学校の子どもたちと一緒に美術や工芸のワークショップを行ったり、フランクリクルートグループの指導セッションを設定したり、学校の土曜キッチンプログラムでキバガレ地域の子どもたち2000人に食事を与えるためにチームとして働くなどしています。

地元での活動を希望する社員のために、すべてのグローバルオフィスで社内チャリティーデーを開催しています。2019年は、ニューヨークオフィスで、社員がオフサイトゴルフを開催し、その後ディナーとドリンクを楽しむという大規模な募金活動が行われました。ロンドンでは、社員が薬局ドライブを開催し、歯ブラシや髪留めなど、必要な洗面用具を寄付しました。また、シンガポールでは、地元企業から寄付された品物を使ったサイレント・オークションを開催しました。Frank Recruitment Groupは、感謝祭の翌週の火曜日であるギビング・チューズデーなど、グローバルなファンドレイジング・デイも開催しました。社員は1人あたり$5を寄付し、ドレスアップしながら大義名分のために寄付をしました。その中でも特に盛り上がったのが、社内販売日で、社員がサーカスをテーマにした衣装に身を包み、一日中ゲームに参加しました。ロンドンオフィスでは、それ以上に、FIFAを使った寄付金コンテストを一日中開催しました。

募金活動で最も人気があるのは、給与からの寄付と子どものスポンサーになることです。従業員は、毎月の給与から直接寄付金を引き落とす方法を選択することができます。寄付金は$2から始まり、$50まで幅広く設定されています。また、社員が生徒とペアを組み、本や新しい靴、食べ物など、その年に必要なものを提供する独自のスポンサー・プログラムも用意しています。スポンサーには、隔月で生徒から美しい手紙が届き、従業員エンゲージメントチームがスポンサー専用のニュースレターを作成し、学校の最新情報を提供しています。

Frank Recruitment GroupのCSRプログラムには、無限の可能性があります。私たちは、社員がこの素晴らしい活動に対して積極的に関与していることに感激しています。St. Martin's Schoolとの関わり方にご興味のある方は、Employee Engagement Teamのメンバーにメールでお問い合わせください。 employeeengagement@frankgroup.com.

直近のもの

日本カントリーヘッド就任のお知らせ

この度、2024年2月1日付けで、フランク・リクルートメント・グループ 日本カントリー・ヘッドに、アレキシス マブロスが就任いたしました。
アレキシスは、日本のリクルートメント業界において豊富な経験を持つリーダーであり、アレキシスのリーダーシップの下、apac全域で躍進を続ける当社の日本部門は、さらなる成長と発展を遂げていくことでしょう。

続きを読む "

フランク・リクルートメント・グループのモリス社長が「変革のチャンピオン」に選ばれる

フランク・リクルートメント・グループのゾエ・モリス社長は、最新の「スタッフィング100ヨーロッパ」リストで人材派遣の先駆者に選ばれた。

続きを読む "

履歴書に写真を貼るべきか? 

移り変わりの激しい社会では、求人応募にまつわる標準的な慣行も変化と進化を続けている。企業に入って履歴書のコピーを配るという考え方は、多かれ少なかれ完全に廃れた。

続きを読む "

ブログから続きを読む

企業ニュース

日本カントリーヘッド就任のお知らせ

この度、2024年2月1日付けで、フランク・リクルートメント・グループ 日本カントリー・ヘッドに、アレキシス マブロスが就任いたしました。
アレキシスは、日本のリクルートメント業界において豊富な経験を持つリーダーであり、アレキシスのリーダーシップの下、apac全域で躍進を続ける当社の日本部門は、さらなる成長と発展を遂げていくことでしょう。

続きを読む "
受賞歴

フランク・リクルートメント・グループのモリス社長が「変革のチャンピオン」に選ばれる

フランク・リクルートメント・グループのゾエ・モリス社長は、最新の「スタッフィング100ヨーロッパ」リストで人材派遣の先駆者に選ばれた。

続きを読む "
リクルートブログ

履歴書に写真を貼るべきか? 

移り変わりの激しい社会では、求人応募にまつわる標準的な慣行も変化と進化を続けている。企業に入って履歴書のコピーを配るという考え方は、多かれ少なかれ完全に廃れた。

続きを読む "
jaJapanese
Powered by TranslatePress »