オフィスからアイアンマンへ:シニア採用コンサルタント、リー・マッキャロンへのインタビュー

リー・マッキャロンさんは職場のスーパースターというだけでなく、アイアンマンのホープでもあり、私たちがこれまで出会った人の中で最もエネルギッシュな人物の一人です。リーは職場の内外を問わず、あらゆることに110%を発揮しています。彼がアウトロー・トライアスロンに挑戦することになったとき、私たちはリーが日々同僚に提供しているのと同じサポートを提供する機会を得ました。

今回は、リーさんにトレーニング方法、これまでの歩み、そしてこれからのスポーツの展望についてお話を伺いました。

Q: フランク・リクルートメント・グループでのお仕事内容や、スポーツのバックグラウンドについて教えてください。

リーです。 Frank Recruitment Groupで働き始めて2年半になります。 ナイジェル・フランク入社当時はボート競技をやっていたのですが、半年後には所属していたクラブの練習に参加することが難しくなり、Dynamics AXに転職しました。入社当時はボート競技をやっていたのですが、半年後には所属していたクラブの練習に参加することが難しくなりました。

以前から地元のハーフマラソン大会やサイクリング、競泳など、持久系スポーツの経験はありましたが、より長い距離のレースに参加するために、トライアスロンに挑戦することにしました。
2018年6月、私は1.2マイルのスイム、56マイルのサイクル、13.1マイルのランを意味するIronman 70.3 Staffordshireを、5時間27分というタイムで完走しました。今までやった中で最もハードなものの一つでした

https://www.instagram.com/p/B0MXe6iDZRF/?utm_source=ig_web_copy_link

昨年8月に地元のサイクリングレースで残念ながら転倒し、鎖骨を骨折してしまいました。そこで、回復のために少し時間を置いて、2019年7月にノッティンガムで開催されるアイアンマンディスタンスの長距離トライアスロン(2.4マイルのスイム、112マイルのサイクル、26.2マイルのラン)に初参加することにしました。正式名称は「アウトロー・トライアスロン」です。

Q: それはすごいですね。アイアンマン、世界選手権、そしてこれらの大会で予選を通過し優勝するために必要なことについて、もう少し詳しく教えてください。

リーです。 1月上旬からアウトローのトレーニングを開始し、仕事の合間や週末に自分でトレーニングを組んでいます。週平均で12時間、多い週では14時間くらいトレーニングしています。普段は出勤前の5時半からトレーニングを始め、仕事が終わった後にもセッションを受けるようにしています。

https://www.instagram.com/p/B0bI4PNDrTB/?utm_source=ig_web_copy_link

28日(日)にくぼう 7月、アウトロー・トライアスロンに出場しましたが、バイクの部がキャンセルになり、事実上デュアスロンになりました。スイム2.4マイルを56分で、マラソン26.2マイルを3時間23分で完走しました。

トレーニングの一環として、4月にストックトン・デュアスロンに出場しました(10kmランニング、40kmサイクリング、5kmランニング)。これは、オランダのアルメレで開催されるITUスタンダードデュアスロン世界選手権の予選を兼ねたイベントでした。各年齢グループの上位者は、GBエイジグループチームに招待され、2020年9月に開催される世界選手権マルチスポーツの祭典でレースが行われました。ストックトンでのレースをトレーニングに使うことが主な目的だったので、世界選手権の出場権を獲得することはボーナスでした。

先日行ったレースで、2020年のETUヨーロッパトライアスロン選手権の出場権を獲得できたかどうか、現在確認を待っているところです。260人中10位に入賞し、来年エストニアで開催される選手権の出場権を獲得できるよう、自分の年齢層で上位に入りたいと考えています。

長期的な目標は、ハワイで開催されるアイアンマン世界選手権に出場することです。そのためには、アイアンマンブランドの公式イベントで、自分の年齢層で2位か3位に入らなければなりません。残念ながら、これらのレースは参加費が非常に高い(約500~600ポンド)ので、今月末にアウトローを使って経験を積み、数年後に公式アイアンマンレースに出場することを目標としています。

リーさんのアイアンマンの旅は、彼のインスタグラムでフォローしてください。 オフィセトアイアンマン

直近のもの

日本カントリーヘッド就任のお知らせ

この度、2024年2月1日付けで、フランク・リクルートメント・グループ 日本カントリー・ヘッドに、アレキシス マブロスが就任いたしました。
アレキシスは、日本のリクルートメント業界において豊富な経験を持つリーダーであり、アレキシスのリーダーシップの下、apac全域で躍進を続ける当社の日本部門は、さらなる成長と発展を遂げていくことでしょう。

続きを読む "

フランク・リクルートメント・グループのモリス社長が「変革のチャンピオン」に選ばれる

フランク・リクルートメント・グループのゾエ・モリス社長は、最新の「スタッフィング100ヨーロッパ」リストで人材派遣の先駆者に選ばれた。

続きを読む "

履歴書に写真を貼るべきか? 

移り変わりの激しい社会では、求人応募にまつわる標準的な慣行も変化と進化を続けている。企業に入って履歴書のコピーを配るという考え方は、多かれ少なかれ完全に廃れた。

続きを読む "

ブログから続きを読む

企業ニュース

日本カントリーヘッド就任のお知らせ

この度、2024年2月1日付けで、フランク・リクルートメント・グループ 日本カントリー・ヘッドに、アレキシス マブロスが就任いたしました。
アレキシスは、日本のリクルートメント業界において豊富な経験を持つリーダーであり、アレキシスのリーダーシップの下、apac全域で躍進を続ける当社の日本部門は、さらなる成長と発展を遂げていくことでしょう。

続きを読む "
受賞歴

フランク・リクルートメント・グループのモリス社長が「変革のチャンピオン」に選ばれる

フランク・リクルートメント・グループのゾエ・モリス社長は、最新の「スタッフィング100ヨーロッパ」リストで人材派遣の先駆者に選ばれた。

続きを読む "
リクルートブログ

履歴書に写真を貼るべきか? 

移り変わりの激しい社会では、求人応募にまつわる標準的な慣行も変化と進化を続けている。企業に入って履歴書のコピーを配るという考え方は、多かれ少なかれ完全に廃れた。

続きを読む "
jaJapanese
Powered by TranslatePress »